ハレの日、アサヒ 毎日がおいしく楽しく

ハレの日、アサヒ
記事を検索する

記事を検索する

春のおでかけ、「カルピス」みらいのミュージアムに行ってみた!

この記事のキーワード

春のおでかけ、「カルピス」みらいのミュージアムに行ってみた!

SHARE

  • Xで共有
  • Facebookで共有
  • Pinterestで共有
  • LINEで共有
  • このページへのリンクをコピー

もうすぐゴールデンウィークですね。2023年のゴールデンウィークは5月1日と2日をお休みすれば最大9連休!皆さんは、どんな風に過ごしますか?
これからのぽかぽかとした春の陽気はおでかけにぴったりな季節。
春のおでかけにおすすめのスポットとして「カルピス」みらいのミュージアムをご紹介します!

「カルピス」みらいのミュージアムの最寄り駅、館林駅を降りると、すでに「カルピス」の世界観が広がっています。

こんなところにも、あんなところにも「カルピス」が!何だかワクワクしてきます。
館林駅からタクシーで約10分乗ると、「カルピス」みらいのミュージアムのあるアサヒ飲料群馬工場に到着です。

「カルピス」みらいのミュージアムは、「カルピス」100周年を記念して2019年にオープンした工場見学ができる施設です。
入口を入ると、大きな「カルピス」が登場。2カ所あるのぞき穴からのぞいてみると、歴代の「カルピス」の容器が映像で楽しめます。

「カルピス」の世界観に没入。「カルピス」みらいのミュージアムの見どころは?

さぁ、いよいよ見学ツアーの始まりです。ちなみに案内係の制服は、紺地に大きな白の水玉で、とってもキュートです。
ツアーは“はじまりのへや”からスタート。ここでは、「カルピス」の生みの親、三島海雲の内モンゴルでの原体験から、どのようにして「カルピス」が発明されたかというエピソードをアニメで楽しめます。

続いて「カルピス」100年ギャラリーへ。
オープンスペースには、三島海雲のエピソードを紹介するコーナーや、歴代の主な広告やパッケージが展示されています。

発売当時の「カルピス」も展示されています。1919年発売当時は化粧箱入りで、この時はまだおなじみの水玉模様ではありません。
ちなみに水玉模様のパッケージは1922年に初めて登場します。

さらに先に進むと、新鮮な生乳から「カルピス」ができるまでの製造工程をプロジェクションマッピング映像で見ることができます。

次に入るのは“発酵のへや”。ここでは円形スクリーンの空間の中、タンクに入ったかのような体験ができます。
「カルピス」は2回の発酵を経て作られますが、1次発酵・2次発酵の特徴を紹介する映像を見ていると、ぽこぽこぽこぽこと発酵している音とともに何ともかぐわしい香りが。二次発酵で生み出される「カルピス」独特の香りが漂ってきます。

タンクの中で発酵している様子がスクリーンに映し出されます

最後に、「カルピスウォーター」などのPETボトル商品の製造ラインを見学します。
商品が次から次へと製造されていく様子を見ることができます。丁寧に段ボールで梱包され、この後、皆さんの町へと運ばれていきます。

どの濃さが好き?自分好みの濃さで「カルピス」を楽しむ

見学ツアーが終わると、お待ちかねの試飲タイムです。
「カルピス」1杯分が入った「カルピス」プチで自分の好きな濃さの「カルピス」を楽しむことができます。
「アサヒおいしい水」と「ウィルキンソン タンサン」がテーブルに準備されているので、お好きな方をどうぞ。

工場見学のお楽しみの一つがギフトショップでのお買い物。「カルピス」みらいのミュージアムのギフトショップでは「カルピス」のグッズを購入できます。
水玉をあしらったかわいいデザインに心がときめきます。

最後に、案内係に工場の見どころを聞いてみました!

案内係の山﨑千晴

<おすすめポイント>
エントランスの真っ白なピースボトルは、写真撮影スポットとしても大人気です。また、100年ギャラリーは、「カルピス」誕生から100年間の歴史を一気にご覧いただけます。その当時の思い出などを振り返りながら老若男女問わずお楽しみいただけるエリアです。
プロジェクションマッピングでは、「カルピス」の製造工程をご紹介しています。小さなお子さまでも楽しめる一押しポイントです。

ぜひ、皆さんも「カルピス」みらいのミュージアムに遊びにきてください。

ちょっぴり足をのばして、春の館林を楽しんでみよう!

「カルピス」みらいのミュージアムから少し足をのばして、楽しめる観光スポットをご紹介します。

<館林市つつじが岡公園>
つつじが岡公園で開催される「つつじまつり」は、館林市最大のお祭りです。2023年の「つつじまつり」は5月10日(水)まで。
つつじが岡公園には、年間約10万人が訪れ、約100品種、1万株が色とりどりに咲き誇るつつじが楽しめる名園です。

「館林市つつじが岡公園」の情報はこちら

<向井千秋記念子ども科学館>
館林市出身の宇宙飛行士・向井千秋さんが名誉館長を務める科学館。
プラネタリウムの他、さまざまな科学の原理を学べる体験型展示物があり、ご家族で楽しめます。

「向井千秋記念子ども科学館」の情報はこちら

※詳細は各施設のホームページでご確認ください。

いつもより少し時間に余裕のあるゴールデンウィーク。ドライブしたり少し遠出したりと楽しみ方はいろいろとありそうです。
皆さんのゴールデンウィークが楽しい休日になりますように。

※「カルピス」「CALPIS」はアサヒ飲料株式会社の登録商標です。

SHARE

  • Xで共有
  • Facebookで共有
  • Pinterestで共有
  • LINEで共有
  • このページへのリンクをコピー

注目PICKUP

 PICKUP PICKUP PICKUP PICKUP PICKUP PICKUP PICKUP

 PICKUP PICKUP PICKUP PICKUP PICKUP PICKUP PICKUP

9月1日は防災の日! “もしも”に備えた災害対策見直しのススメ

9月1日は防災の日! “もしも”に備えた災害対策見直しのススメ

胃腸を元気に!「エビオス錠」の基礎知識

胃腸を元気に!「エビオス錠」の基礎知識

「ウィルキンソン」から始まった「炭酸」の歴史とは?

「ウィルキンソン」から始まった「炭酸」の歴史とは?

L-92乳酸菌で始めよう!「わたしにピースな免疫ケア」

L-92乳酸菌で始めよう!「わたしにピースな免疫ケア」

自然や文化との素敵な出会いを提案する「三ツ矢青空たすき」

自然や文化との素敵な出会いを提案する「三ツ矢青空たすき」